熱帯夜で寝苦しい夜!寝るときはエアコンをタイマーにする?つけっぱなし?

<スポンサーリンク>



毎日、暑い日が続きますね!

昼間も暑いんですが、寝るときも暑いι(´Д`υ)

熱帯夜が続く時期に突入しましたね~。

ところで、夜寝るときは、暑さ対策は何かしていますか?

<スポンサーリンク>


窓を開けて寝る?

でも、外は気温が下がってきていても、家の中は暑すぎて寝られませんよね・・・。

扇風機を使う?

エアコンは電気代が高いしな~、と思いながら、

私はしばらくは扇風機をタイマーにして付けて、

寝ていました。

でも、もう暑すぎて限界です!

エアコンをつけっぱなしにして寝ると、体がだるくなってしまうような気がするし、

つけっぱなしで寝ていいのかな?

タイマーにするべきなのかな?

と迷って、調べてみました。

 

子どもの頃は、そんなにエアコンをガンガンにつけて寝ていなかったから、

大丈夫!と、思われる方もいるかもしれませんが、

熱帯夜は昔よりも増加しているのです。

だから、昔大丈夫だったから~、と思うのはやめましょう!

熱中症になったり、暑くて寝られなくて、睡眠不足になって、

よけいに疲れてしまいますよ。

 

夏、寝るときに快適な温度と湿度は・・・
温度:26℃~28℃
湿度:50%~60%

なんです!!

 

エアコンの冷房やドライ機能を使って、

温度と湿度をこれくらいに設定しましょう。

温度を下げすぎてしまうと、寝るときは快適かもしれませんが、

寝ている間に体が冷えきってしまって、

血管が収縮し、逆に体に負担がかかって疲れてしまうようです。

エアコンのタイマーを使いたい人は、

寝る1時間前くらいから、寝室のエアコンをつけて、

寝室をきちんと冷やしておきましょう。

そして、寝てから3時間くらいたってから、エアコンが切れるように、

タイマーをセットしておくのがいいようです。

人間の体は、夕方~夜は、1日で1番体温が高くなっています。

寝始めは、体の深部体温を下げるために、皮膚表面から熱を放出させます。

このため、表面温度が上がりやすくなっているので、

寝始めは、室温が高いと、暑苦しくて目が覚めてしまいます。

寝てから3時間くらいは、エアコンが効いている状態にしましょう。

ただ、夜の気温が高く、熱帯夜だと、

エアコンが切れると夜中に目が覚めて、睡眠不足になってしまう!

という人もいると思います。

エアコンをずっとつけておきたい場合は、28℃くらいに設定して、

体を冷やし過ぎないように気をつけましょう。

また、体温は朝は下がっているので、起きる1時間くらい前には、

エアコンが切れるようにしましょう。

それから、エアコンも扇風機も、風が体に直接当たらないようにしましょう。

 

エアコン以外にも、パジャマを麻やコットン・綿・絹などにして、

吸水性や着心地に優れたものにするのも、涼しく寝るのに1つの方法です。

寝具も、最近では、ひんやりする敷きパッドも売られているので、

そういったものも活用するといいですね☆

まだまだ暑い日が続きますが、

気持ちの良い睡眠をとれるように、工夫したいです♪

 

**************************************

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします↓↓


人気ブログランキング

<スポンサーリンク>


コメントを残す