回転寿司を京都で食べるならオススメは吉祥院の「清水港」!炙り三昧とやりいかが最高☆

<スポンサーリンク>



京都で回転寿司を食べるなら、私は迷わず、吉祥院にある清水港さんです☆

あ、吉祥院っていうのは、京都の地名のことなので、念のためお伝えしておきます(笑)。

いや~、お寿司って美味しいですよね!

この前食べたばかりなのに、もう食べたくなってきました・・・。

<スポンサーリンク>


清水港さんの場所なんですけど、ざっくりというと、大阪寄りの京都で、

171号線という道路沿いにあるので、

車で行くのが便利というか、車がないと行くのが不便だと思います。

店についたら、まず、駐車場で車をとめます。(当たり前ですよね(笑))

さてさて、お店に入りましょう。。。

お店の中に入って、まずは、靴を靴箱に入れます。。。

その後は、掘りごたつ式の席に座って、大好きな寿司を、思う存分食べるのみ♪

また、この掘りごたつが、ゆったりできて、すごくいいんです☆

ちなみに、メニューの一部を紹介すると、こんな感じになってます!
(見にくいと思いますが、お許しを。あと、写真が多くなりすぎるので、全部紹介するのは、やめときますね。)

<メニューその①>

<メニューその②>

<メニューその③>

<メニューその④>

京都で回転寿司に行くときは、いつも清水港と決めている私。。

いつから通いだしたか、もう忘れてしまいましたが、

かれこれ、10年以上は通い続けているのではないかと思います。

お寿司好きの私は、少し前に、贅沢にも、

北海道の札幌のとある有名回転寿司屋さんで

お寿司を食べる機会があったのですが、

私自身は、清水港さんの方が美味しいと感じましたし、

100円寿司ほど安くはないですけど、

新鮮なネタを食べれるという点では、コスパもいいなぁと改めて感じました☆

そして、そんな清水港さんのネタの中でも、私のオススメは、ずばり、やりいかと炙り三昧の2種類!

他も美味しいんですが、やりいかと炙り三昧の2種類は絶品です♪

<やりいか 180円(税抜)>

<炙り三昧 400円(税抜)>

本当にネタが新鮮でボリュームもあって、最高です!

私は大好きなので、やりいかと炙り三昧は必ず2回は注文します(笑)

ちなみにちなみに、炙り三昧って、お値段的にもお得なんですよ♪

炙り三昧のネタは、

トロサーモンを炙ったもの1つ、帆立を炙ったもの1つ、うなぎ1つの

3種類のネタが1つのお皿に乗っかってきます。

これを2皿注文すると、お寿司が6個で3皿分になりますよね。。

つまり、炙りトロサーモン1皿、炙り帆立1皿、うなぎ1皿の計3皿注文するのと同じですよね☆

お値段は、400円(税抜)×2皿=800円(税抜)・・・<①>

となります。

え~、ここまで、大丈夫でしょうか?(笑)

で、ですね、ここで、メニューの写真に目を凝らしていただきたいのですが、

炙りトロサーモン、炙り帆立、うなぎは、

それぞれ、330円(税抜)で注文できることになってます。

それぞれ、注文すると、

330円(税抜)×3皿=990円(税抜)・・・<②>

となります。

<①>と<②>を比べてみてください。

なんと、

胃袋に入るお寿司は全く同じ6つのお寿司ですが、

炙り三昧で注文した方が

<②>990円(税抜)―800円(税抜)=190円(税抜)

190円もお得なんですよ!!

この法則を発見したとき、私は、なんてすばらしい発見をしたんだと、

超がつくほど自画自賛しました(笑)

なんせ、発見したのが、お店に4~5年通ってからだったんですから(オソッ(笑))

ということで、もし、京都の吉祥院の回転寿司屋の清水港さんに行かれたら、是非、

やりいかと炙り三昧を食べてみてください♪

その他に、いただいたお寿司ちゃん達の写真を一部載せておきますね~☆

一緒に行った人が食べた分も載せていて、もっとたくさん食べているんですが、

私1人で食べたんじゃないことを、念のためご報告させていただきます(笑)。

<甘海老 150円(税抜)>

<いかおくら 100円(税抜)>

<いくら 330円(税抜)>

<海老サラダ 150円(税抜)>

<ポテトフライ 180円(税抜)>

と、全部ではないものの、

かなりの寿司ネタ写真を掲載させていただきましたが、

もしもこの記事を読んで、ご興味を持たれたら、

一度、京都の吉祥院の回転寿司屋の清水港さんにレッツゴーしてみてください!(^^)!

<スポンサーリンク>


コメントを残す